• facebook
  • twitter
  • rss

【社員インタビュー】大手SIerからスタートアップに転職して「サービスを作る側」へ。プロマネの新たな挑戦!

今回のInterviewee:
山岸 昂介(やまぎし こうすけ)
所属:プロジェクトマネージャー

 

始めに自己紹介をお願いいたします。

山岸 昂介です。大学は東京工業大学で、学部時代は制御工学を勉強していました。ロボットなどに応用されることの多い学問なのですが、大学院ではそれを社会的な問題に活かすための研究をしていました。実は勝田が学年1つ上の先輩でして、学科も全く同じなんです。勝田とは大学時代に直接の知り合いではなかったのですが、後から共通の知り合いも何人かいることが分かり驚きました。

キャリアについては、日鉄ソリューションズ(NSSOL)というSIerに新卒で就職しました。NSSOLでは製造業や物流業のお客様向けに、工場の生産管理システムや、ECの自動倉庫管理システムを構築するといった仕事をしていました。約5年半勤めた後に、2019年の10月にスマートドライブに入社しまして、いまちょうど半年が経ったというところです。

NSSOLではどういった仕事をされていたのでしょうか?

SIerという立場で、プロジェクトリーダーやチームリーダーのような役割につくことが多かったので、チームをまとめながら設計のレビューや、お客様と仕様の調整をしたりということを中心に担当していました。ただ私自身がコードを書くのが好きだったこともあり、プロジェクトによってはエンジニアとして実際にプログラムをつくったり、色々なことを経験させて頂きました。

前職は楽しかったですか?

はい。もともと製造業や物流という日本を支える産業に興味があり、そこにITを使うことで様々な企業に貢献できると思っていましたし、周りの方やお客様にも恵まれていましたので、とても楽しかったです。中でも印象に残っているプロジェクトが1つあります。とある工場の生産管理システムを開発するプロジェクトだったのですが、SIerでよくイメージされるウォーターフォール的な開発ではなく、アジャイル開発でプロジェクトを進めていく、というものでした。私自身もエンジニアとしてプログラムをつくり、工場の方と仕様の調整をしたりして、結果としてそれがお客様からも非常に好評を頂きまして、私自身もとても楽しかったです。この時の経験は今でも活かせていると感じています。

転職しようと思った理由は何でしょうか?

「実際にサービスをつくる側に回ってみたい」という気持ちが大きくなっていったのが理由です。先ほどのアジャイル開発のプロジェクトであっても、やはり最終的にそのプロジェクト予算を持っているのはお客様です。「自分がその立場だったら、こういう意思決定をするのに」と思うこともありました。また、SIerは基本的にお客様との間に契約がありますので「終わりがある前提」で物事を進めていくのですが、実際にサービスを作っている企業には「終わりがない」んですよね。プロジェクト単体だけではなく、より長期的なことも考えた意思決定が必要になりますし、見ている世界の視点や前提の違いによって意思決定の仕方が変わってくる。ですので、もし自分がサービスを作る側に回った場合、先ほどの「自分ならこうしたのに」というのを実践したらどうなるのだろう?というところが気になり出したのです。

それで「サービスを作る側」に転職したという次第です。

転職先としてスマートドライブを選んだ理由を教えてください。

産業の根幹に関わるような事業で、かつIT系スタートアップで技術に強い会社がいいと思って探していました。

スマートドライブでは面接時に取締役の元垣内や、小山を始めとしたエンジニアの方々と話をしたのですが、扱ってるモビリティ―データに関する技術、事業のポジション、さら自社でデバイスを開発しているという点が、すごく面白いなと思いました。これは他のIT系スタートアップとは明らかに違うと思い、転職活動はしたものの実はほぼスマートドライブ一択で入社を決めたんです。ここで技術的に面白いことをしてみたい!という思いでワクワクしながら転職しました。

スマートドライブでどういったことをされているんですか?

スマートドライブで提供しているモビリティデータ プラットフォームの開発ディレクションや、そこに関わるプロジェクトマネージャーをしています。

プロジェクトの視点でいうと、プラットフォームに関わるプロジェクトの進行管理や、プラットフォームをどう活用していただくのが良いかという観点での調整をエンジニアやビジネスチームと一緒に考えていくことをしています。

プロダクトの視点でいうと、プラットフォームをより使いやすい形にするため、どういう開発を進めていくべきか、という施策や優先順位の調整をしています。

現在はプラットフォーム側の責任者として小山が、そして先日入社しましたCTOの岸田がそれを活用したサービス視点での責任者という立ち位置におりまして、この二人を中心に相談をしながら調整を進めています。

「プラットフォームのこの機能を開発したら、このサービスとこのプロジェクトのこんなところに活かせるのではないか」といった一段深いところで考える必要があるのは難しい点で、一般的なプロジェクトマネージャーやディレクションの動きとは少し異なっているのではないかと思っています。そして、それがまた面白いところだなと感じています。

また、そうしたプロジェクトマネジメントやプロダクト開発だけではなく、ビジネスチーム側のセールスやCS(カスタマー サクセス)に共有していくことも必要だと思っていまして、会社のどの部署にいる方にも「プラットフォームとはこういうものです」ということが伝わっている状態にしていくことも私の仕事だと思っています。

今私たちの提供しているプラットフォームは使い方が色々とありまして、プラットフォームを利用した自社サービスの『SmartDirve Fleet』『SmartDrive Cars』『SmartDirve Families』、プラットフォーム事体をお客様のサービスの裏側で利用していただくための『Mobility DWH』『SmartDrive API』、さらにはサービスのOEM提供等、本当に多種多様です。何がお客様にとって適しているのか、今後のプラットフォーム開発の施策にどうしたらマッチするのかといったことを考えて、日々コミュニケーションを取っています。

今後、挑戦していきたいことはありますか?

社内でのプラットフォームの認知と理解をさらに広めていきたい思っています。「こういう開発があるから、こうした売り方がビジネスチームで、可能ではないか」や、「こういう機能が背後にあるから、こうしたフローになっている」等のコミュニケーションをしっかりと取ることで、ビジネスチーム側とプラットフォームの細かい開発を同期させていく、という動きを強化したいです。もちろん今でもある程度はできているとは思うのですが、社員の人数も増えてきていますし、まだまだ出来ることは沢山あるのではないかと。

また個人としては、技術的な観点でもっと深く入っていきたいと思っています。簡単な改修は担当させてもらったりもしたのですが、さらにプラットフォームを理解して、なんなら自分も開発に参加出来るくらいになっていきたいですね。

勉強できることや挑戦できることが沢山あるので、本当に転職してよかったです!

日々忙しく大変ですが、楽しく仕事ができています。

スマートドライブをお勧めしたいポイントを教えてください。

いっぱいあるのですが、主に3つあげさせていただきますね。

1つ目は事業的な面白さが沢山あることです。モビリティのプラットフォームを軸に事業を展開している企業は日本にはまだあまり無いと思いますし、実際に具体的な形として動いているプロジェクトもたくさんあり、”絵にかいた餅”ではないので、面白さを肌で感じられます。

2つ目が、事業面と繋がる部分でもあるのですが、技術的にも面白い点です。サービス提供からデバイス開発まで一気通貫で行っているので、一般のIT企業では扱わないような技術も扱っています。ファームのエンジニアがいたり、HTTPではないプロトコルで通信する技術、データのストリーム処理等、新しい技術にチャレンジする動きもありますので様々な切り口で技術的な勉強ができますし、実際にそれを行っている優秀なエンジニアが大勢います。そういった方たちと毎日一緒に仕事をするのは刺激になり、楽しいです。

最後の3つ目は、色々な方が言っていますが一緒に働いてて気持ちの良い人が多いということです。優秀なだけではなく、コミュニケーションや配慮ができる方が多い。部門に関わらず各々が得意とする仕事があり、お互いリスペクトしながら進められている実感があります。コミュニケーションコストが低く、物事を進めやすい。ここは一番おすすめポイントかもしれないです。

これはこれまでの皆さんがそういう会社のカルチャーを育ててきてくれたというのもあると思いますし、もしかしたら先ほどのおすすめポイントの2点、事業的な面白さや技術的な幅の広さから来ている部分もあるのかもしれないです。これらの面白さによって、全員が前を向いて仕事を出来ているから、余計なことを考えずに前向きなコミュニケーションが取れるのかなと。

余談ですが、私は仕事以外のオフタイムでは皆さんとボードゲームを楽しんだり、スニーカーの話で盛り上がったりするのも好きでよくコミュニティスペースにいるので、ぜひ見かけたら声をかけてくださいね!


関連記事

TOP